Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

働き方改革検討会を都立園芸高校で実施2018年1月19日

一覧へ

・農水省

 農林水産省は1月24日に東京都立園芸高等学校(東京都世田谷区)において、第2回農業の「働き方改革」検討会を開催する。

 検討会は、農業を職業とする人々にとって魅力ある職場環境づくりを進めることを目的に設置され、農業経営者や有識者などからなる。幅広い農業者などの「知恵」が集まるよう、ヒアリングを中心に活動している。また、ウェブ上での「農業の働き方改革」アイデアの募集、農業経営体、農業経営者向けのアンケート調査、農業高校での開催、地方と東京をテレビ会議でつなぐサテライトなども実施している。
 園芸高校での検討会の実施は今回が初めてとなるが、同省経営局就農・女性課によれば、その目的は、検討会のメンバーが将来の農業の担い手として期待される高校生に対して、農業の魅力を直接アピールするだけでなく、直に触れ合うことで「いまどきの高校生の感覚」や「農業に対する思い」などを知る貴重な機会ともなる。
 一方、高校生も、検討会のメンバーと直接出会うことで、率直な意見などを伝えることができることから、双方にとって有効な意見交換の場となることが期待される。
 当日は午後1時30分から、徳田安伸同校統括校長の案内による委員会の校内見学に始まり、続いて、同課の佐藤一絵課長による「特別授業」が行われる。農業の働き方改革の狙いや農業の魅力などを伝えることがテーマだ。
 なお、農業の「働き方改革」アイデアは、2月28日まで、農業の「働き方改革」アイデア募集!で募集を行っており、多くの参加を募っている。

 

(関連記事)
2月5、6日に人事労務トップセミナー JA全中(18.01.11)
加工原料乳生産者補給金10銭引き上げ-30年度(17.12.15)
人材開発担当者のDiSCフォーラム開催 導入事例を発表する日本で唯一のフォーラム(17.12.01)
第6回JA活力ある職場づくり全国研究発表会-JA全中(17.11.14)
【村上光雄・JA三次前組合長】JAの将来は「人づくり」に(17.07.18)
豊かな暮らしの実現めざす【久慈 宗悦JAいわて中央 代表理事組合長】(17.06.12)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る