農政 ニュース詳細

2018.08.31 
防災・減災対策室設置へ-31年度 農水省の組織・定員要求一覧へ

 農林水産省は8月31日、31年度の「組織・定員要求」を公表した。

 土地改良事業による競争力強化のため、事業推進体制を強化するとともに防災・減災対策室(仮称)を設置する。農地・農業用施設の防災・減災、災害復旧のための体制を強化する。
 そのほかロボット、AI、IoTなど先端技術の研究開発から現場実装までを総合的に推進する体制を強化する。また戦略的な輸出体制整備のため、優良な植物品種の海外流出の防止、動植物検疫の適切な実施に向けた体制を強化する。
 林野庁には森林経営管理法に基づく新たな森林管理システムの適切な運用を図るため、森林集積推進室(仮称)を設置するとともに、木材の利用促進を図るための体制を強化する。そのほか豪雨などによる大規模な山地災害に関わる防災・減災、災害復旧のための体制を強化する。
 水産庁には悪質、巧妙化する外国漁船の対する取り締まりを強化するため、漁業取締課(仮称)を設置するとともに、新たな資源管理システムの構築に向けた体制を強化する。そのほか水産業の成長産業化を図るため、水産物の流通構造の改革、国産水産物の輸出拡大などの向けた体制を強化する。

 

(関連記事)
概算要求2兆7269億円-31年度農林水産予算(18.08.31)
【石破茂・衆議院議員に聞く】社会保障と6次化をキーワードに 農業・農村の発展を(18.08.27)
【北海道十勝農協連】小さな農協の大きな挑戦日本一の"農業王国"(1)(18.08.20)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)
水田域の豪雨被害リスクの評価手法を開発 農研機構(18.07.11)
農業水路の魚の棲みやすさを「見える化」(18.06.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ