左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

香港、台湾などへ豚肉輸出再開2018年9月19日

一覧へ

 豚コレラの発生で止まっていた豚肉の輸出が防疫措置の実施によって再開している。

 豚肉の輸出が可能になった国は、香港(再開日9月11日)、ベトナム(12日)、マカオ(同)、台湾(13日)。ただし、岐阜県産を除く。なお台湾向け豚肉輸出施設は岐阜県にない。このほかシンガポールとカンボジアが輸出可能だった国だが再開はしていない。
 2017年の豚肉輸出実績は香港1005t(6.1億円)、マカオ865t(1.6億円)、台湾35t(5000万円)、ベトナム24t(800万円)となっている。輸出再開で昨年の金額ベースで82%回復している。
 また、豚原皮の輸出が可能になったのはタイ(9月12日)、台湾(13日)、韓国(14日)、香港(同)。このうち香港は岐阜県以外のと畜場でと畜された豚由来の皮か、または国際基準を満たすウイルス不活化処理(2%炭酸ナトリウムを含む海塩で28日以上浸漬)されたもの限る。ベトナム、フィリピン、カンボジアが輸出可能だったが再開していない。
 2017年の輸出実績はタイ4900t(80億円)、台湾1200t(21億円)、韓国2300t(4億円)などとなっている。輸出再開で昨年の金額ベースで97%回復した。

 

(関連記事)
香港、台湾などへ豚肉輸出再開(18.09.19)
ベルギー産豚肉一時輸入停止 農水省(18.09.18)
【クローズアップTPP11】1885品目関税撤廃 来年早期発効も(18.07.10)
影響試算やセーフガードに疑問続出-TPPで集会(18.04.26)
(019)中国:「豚肉」輸入でも単独トップに(17.02.17)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る