左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国産農林水産物の魅力を活かした10産品を表彰2018年10月17日

一覧へ

 農水省は10月23日、東京都新宿区のリーガロイヤルホテル東京で「フード・アクション・ニッポンアワード2018」の審査会・表彰式を開催する。

 このアワードは今年で10回目となり、国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・団体から優れた産品を募集・表彰している。和食文化がユネスコ無形文化財に登録されてから5周年を迎えた今年のテーマは「おいしさで心をつなぐニッポンの逸品」。
 審査会では、全国から応募された1125産品の中から一次審査を経て入賞した100産品の中から、最終審査委員である国内の大手流通・外食・百貨店のトップ10人それぞれが一品ずつ選定する。
 また「Let's!和ごはんプロジェクト」の趣旨に沿った身近・手軽に健康的な「和ごはん」を食べる機会を増やすことが期待できる3産品を選定する。この選定された10産品がアワード受賞、3産品が特別賞としてその表彰式を行う。
 入賞100産品はフード・アクション・ニッポンアワード2018から見ることができる。

▽日時:10月23日(火)13:00~16:00
▽場所:リーガロイヤルホテル東京3階ロイヤルホール他(新宿区戸塚町)
▽プログラム:○品評会(最終審査会)
○トークセッション:榊原理加((一社)日本キッズ食育協会代表理事)
○審査結果発表・表彰式
○フォトセッション
▽最終審査委員:
・アマゾンジャパン合同会社:前田宏(バイスプレジデント)
・イオンリテール(株):岡崎双一(代表取締役社長)
・(株)イトーヨーカ堂:三枝富博(代表取締役社長)
・(株)オンワードホールディングス:保元道宜(代表取締役社長)
・(株)紀ノ國屋:堤口貴子(代表取締役社長)
・(株)トランジットジェネラルオフィス:中村貞裕(代表取締役社長)
・(株)阪急阪神百貨店:荒木直也(代表取締役社長)
・(株)フォーシーズ:浅野秀則(代表取締役会長兼CEO)
・(株)ローソン:竹増貞信(代表取締役 社長)
・日本料理日本橋ゆかり:野永喜三夫(三代目若主人)
※浅野秀則氏の「浅」は正式には異体字です。

 

(関連記事)
夏野菜を児童にPR JA東京中央の若手職員(18.07.26)
地域が盛り上がれば農協が輝く 第40回農協人文化賞記念パーティ(18.07.09)
No.1ヒーローをめざせ! 子ども和食王選手権(18.06.12)
日本産米使用の冷凍寿司 EUで本格販売-JA全農(18.05.31)
山形伝統野菜おかひじきの新レシピ紹介(18.05.11)
沖縄伝統野菜で家庭料理を 日本橋・割烹料理店「日本橋ゆかり」野永中店主がセミナー(18.04.17)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る