農政 ニュース詳細

2018.12.27 
農用地区域内農地1万ha減 平成29年一覧へ

 農水省は12月25日、平成29年の農用地区域内の農地面積を公表した。

 29年12月31日現在の農用地区域内の農地面積は、全国で401.8万haで対前年比1.0万ha、0.2%の減少となった。前年からの減少要因は、除外面積などが2.4万ha、増加要因は農用地区域内への編入などが1.4万haあった。
 農水大臣は、27年12月に「農用地等の確保等に関する基本指針」を変更し、37年時点で確保すべき農用地区域内の農地面積目標を403万haとした。
 毎年、目標の達成状況を公表することになっている。
(元号が未定のため、平成換算で表記)

 

(関連記事)
農地バンク運営見直しへ 農水省(18.11.19)
【JAの事業承継】都市部と中山間地で異なる事業承継に挑む(JA広島市)(18.03.08)
農作業死亡事故 65歳以上が8割超-28年調査結果(18.02.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ