左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

地域が求める工学技術とは? 北見工大2019年2月13日

一覧へ

 北見工業大学は、昨年7月に新設したオホーツク農林水産工業連携研究推進センター主催で有識者を招きシンポジウムを開催する。

 同大学は、農業・林業・漁業従事者や関連法人などと共に、地域が抱える課題解決に向けた討論会を行う。
 開催は3月2日午後2時半から、北見工大・講堂で行われる。農業、林業、漁業従事者が対象で、定員は200人。
 基調講演では、農水省食料産業局商品取引室長の福井逸人氏が、鹿児島県の前鹿屋市副市長だった経験を、同市オフィシャルサポーターでお笑い芸人の半田あかり氏と共に語る。またパネルディスカッションには、「オホーツクが求める工学技術」をテーマに、オホーツク総合振興局長神野泰博副局長、オホーツク農協青年部協議会米森弘会長、北見広域森林組合代表理事坂下孝組合長、常呂漁業協同組合代表理事高桑康文組合長、農水省福井逸人室長らが参加する。
 参加は無料で、当日も受付を行う。問い合わせは、同大学研究協力課産学連携担当・電話0157-26-9153まで。

 

(関連記事)
ドラマでも話題に 無人走行トラクター展示とスマート農機実演(19.01.15)
雑草管理の省力化でマッチングフォーラム 農研機構(18.11.08)
歩行型だいこん引抜機が開発賞を受賞 井関農機(18.10.01)
サタケが農業食料工学会・森技術賞を受賞(18.09.19)
資材を使わず暗渠を施工 穿孔施工機を開発(13.11.12)
無動力の揚水ポンプを開発 農研機構(13.09.19)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る