左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

スマート農業推進センターを開所ー岐阜県2020年6月23日

一覧へ

岐阜県は6月18日、海津市に「岐阜県スマート農業推進センター」を開所した。ICTや人工知能、ロボットなどの先端技術を活用して、経営規模拡大・高品質生産を実現するスマート農業の情報発信拠点として活用していく。

オペーレーションセンター外観オペーレーションセンター外観

同日、オープニングセレモニーと内覧会を行い関係者に披露した。同センターは、農業者が最新のスマート農業機器などを、実際に見て体験して学び便利さを実感できる情報発信の拠点施設。オペレーションセンター・モデル温室・実演ほ場の3施設で構成する。

オペレーションセンターは、様々な営農類型のスマート農業機械の展示会や操作体験会を実施。スマート農業技術の活用方法や、ビックデータの分析方法などの研修会・実演会に活用していく。

施設規模は196.05m2の鉄骨平屋建て。機械展示スペースは93.4m2で農業機械3台の展示が可能。

研修スペースは83.0m2で約20人収容可能。展示するスマート農業機器類は自動運転トラクター、アシストスーツ、ドローン、ラジコン草刈機など。

モデル温室は、施設園芸における最新スマート農業機械を展示・操作体験できるほか、機器を実際に用いた栽培実証を実施。実証で得たデータは、施設園芸におけるスマート農業に関する研修会・実演会に活用する。

施設規模は432m2(間口7.2m×3連棟、奥行20m、軒高3m)。導入したスマート農業技術は、複合環境制御システム(温湿度・CO2・日射量なdpにより各設備・潅水を制御)、営農管理システム(栽培技術・労務状況・投下資材などを「見える化」)。栽培品目は冬春トマト(独立ポット耕栽培)。

実演ほ場は、自動運転トラクターや農薬散布・生育診断用ドローンなどの最新スマート農業を備え、機械の実演会・操作研修会を実施。ほ場規模は30a。実演するスマート農業技術は、自動運転トラクター、直進キープ田植機、自動運転コンバイン、ドローンなど。

モデル温室モデル温室

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る