想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

企業向け気候変動リスク分析サービスの提供開始 ウェザーニューズ2021年2月17日

一覧へ

(株)ウェザーニューズは2月10日から、企業向けに気候変動のリスクを分析するサービス「Climate Impact」の提供を開始した。

気候変動リスク分析サービス「Climate Impact」画面イメージ気候変動リスク分析サービス「Climate Impact」画面イメージ

このサービスはオフィス、工場、店舗などの拠点に特化した気候変動シナリオ分析とリスク評価を行い、気候変動によるビジネスへの影響を評価するもの。気候変動シナリオ分析では、各拠点の気候が2100年までにどのように変化するのかを分析する。リスク評価では、同社のこれまでのサービスノウハウで得られた気象の基準をもとに、大雨による自然災害や気温上昇による生活への影響や農作物の収量など、気候変動によるリスクを評価することができる。サービスは有料で費用は数10万~となる。

同社は同サービスの提供を通じて、気候関連の情報開示および金融機関の対応をどのように行うかを検討する「気候関連財務情報開示タスクフォース」(TCFD)の賛同企業に、気候変動の影響による事業リスクや機会の把握、気候変動への緩和策や適応策の推進を支援していく。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る