人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

新潟などの渇水被害で野村農相 「多面的機能支払交付金を活用して支援」2023年8月25日

一覧へ

新潟県などで渇水による農作物への影響が深刻化していることについて、野村哲郎農相は8月25日の閣議後会見で、「水管理に使える多面的機能支払交付金の活用を通して渇水被害が生じている地域を支援したい」と述べた。

新潟県では、今年7月下旬の梅雨明け以降、ほとんど雨が降らず、稲が枯れるなど農作物への影響が出ているほか、福島県でも果実に影響が出るなど、各地で渇水の影響が懸念されている。

これについて野村農相は「新潟県ではほぼ降雨がなく、県の指導で番水や消雪井戸が活用されていると承知している。水管理の経費に多面的機能支払交付金を活用できるとしているので、新潟県や水不足の県と検討しながら対応したい」と述べ、交付金を通して渇水の被害に対応する考えを示した。

同交付金は、地域が共同で行う多⾯的機能を⽀える活動や、農地や水路など地域資源の質的向上を図る活動を⽀援するために活用されるもので、今年度は約486億円が予算化されている。

また、野村農相は各地の渇水の被害状況について、「新潟や福島のほかにも全国で部分的に渇水対策が大きな問題となっているようなので、地方農政局を通してもう少し詳しく状況を調べたい」と述べ、情報収集を進める姿勢を示した。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る