想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:本紙独自 コメ作柄調査 2020年

【本紙独自調査】米需給調整 正念場 200JA米担当者の声【東海 近畿】2020年9月30日

一覧へ

本紙が実施したJAの米担当者に対するアンケート調査では、全国的には過剰が懸念される主食用米に対して現場ではどのような対応で臨んでいるかなどを聞いた。主産地がしっかり非主食用への転換を進めることが重要との意見や、JAグループだけでは取り組みが不十分で不公平との指摘も聞かれた。

【本紙独自調査】米需給調整 正念場 200JA米担当者の声【東海 近畿】

【東海】
○過剰感が非常に強く、転作の必要性を感じる。農協は進めているが、農家は価格が下がらないと理解しないのでは。
○和牛農家と一緒になってWCSに転換。生産調整の意識づけはできている。
○飼料用米は増えるとみている。
○今年は作柄が悪くむしろ主食用米について「出荷契約数量が出せないかも...」という農家も多い。
○麦大豆の作付けには適地適作があるので、限界を感じている。飼料用米を作付すればという話もあるが、特に新規就農者はどうしても主食米を作りたがる。

【近畿】
○東北や関東の過剰作付分をどこかの地域で調整する必要があるが、関西は米不足が懸念されるのでそうもいかない。
○高齢化が深刻で収量は自然減、JAへの出荷量減、とくに加工用米が激減、が実態。
○米粉用、飼料用、加工用への転換を管内で進めている。米粉用米は昨年に続き今年も直売所でも販売。
○管内産コシヒカリには実需から増産の要求あり。主食用米の集荷対策で奨励金や肥料農薬の大口対応も実施。しかし、集落によっては誰が担い手になるのか、人・農地プラン実質化の取り組みで課題に直面している地域もある。
○主食用の需要はあるが卸からは「価格は昨年並みというわけにはいかない」との声もある。概算金30kgあたり300円下げた。

(関連記事)

【本紙独自調査】米の作柄 全国では「平年並み」か 200JAの米担当者に聞く

【本紙独自調査】米需給調整 正念場 200JA米担当者の声【北海道 東北】

【本紙独自調査】米需給調整 正念場 200JA米担当者の声【関東・東山 北陸】

【本紙独自調査】米需給調整 正念場 200JA米担当者の声【東海 近畿】

【本紙独自調査】米需給調整 正念場 200JA米担当者の声【中四国 九州】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る