人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:本紙独自 コメ作柄調査 2020年

【本紙独自調査】米需給調整 正念場 200JA米担当者の声【北海道 東北】2020年9月30日

一覧へ

本紙が実施したJAの米担当者に対するアンケート調査では、全国的には過剰が懸念される主食用米に対して現場ではどのような対応で臨んでいるかなどを聞いた。主産地がしっかり非主食用への転換を進めることが重要との意見や、JAグループだけでは取り組みが不十分で不公平との指摘も聞かれた。

【本紙独自調査】米需給調整 正念場 200JA米担当者の声【北海道 東北】

【北海道】
○米価も大事だが水田を守る対策も大事。加工用と輸出用で共計運営している。コストダウン対策は田植え作業が焦点。密苗、密播と田植機のレンタルに取り組んでいる。
○コロナの問題があるが、主要産地での生産調整が守られていないことが価格を下げている大きな原因。きちんと守るように指導してほしい。
○消費の拡大しかない。 ○価格がどうなるか不安だが、飼料米への転作は北海道では難しい。
○コロナ禍での食料不足(諸外国の輸出禁止など)も考えられる。食料安保の点も考えて価格を守ってほしい。
○業務用の値下がりが心配。主産地での転作を守ってほしい。

【東北】
○3年経ってこれからが正念場。概算金も下がったので3年産から転作の取り組み強化。米価下がれば飼料用米をつくる生産者も出てくる。
○概算金昨年比▲800円、農家も納得している。
○3年産からは飼料用米を増やす意向の農家もある。
○JAは主食用一本でいく。
○コロナなければ適正販売だったが、外食がストップし余り始めた。JAグループによる20万t隔離で首都圏で系統外販売している人まで助かるのは心外。
○コメ余りで販売はきつい面あり。価格が下がれば助成金がある飼料用米へという生産者が出てくる可能性はある。
○備蓄米、輸出米に誘導していくことが大事。米消費減のなかで県全体で生産調整を守っていく。メインは加工用米と備蓄用米。
○飼料用米などの申請期限が延長されたこともあり2000ほどのほ場から問い合わせがあった。主食用米の値下がりと、飼料用米ならカメムシ被害を気にしなくてよいためではないか。
○行政からの指導もありもともと主食:飼料用米が5:5。もっと主食用米に変えたいが、昨今の状況から収入の安定のためには飼料用米も必須。
○ソバの転作も考えたことはあるが、交付金が少なすぎて手取りが下がるため推し進められない。
○生産者へ生産目標数量の目安を示すべき。生産者に任せマンスリーレポートで需給情報を出しているが浸透していない。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る