Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

海外販売好調で増収増益 クミアイ化学工業2013年12月19日

一覧へ

 クミアイ化学工業(株)は12月18日、平成25年10月期決算を公表した。円安など背景に海外の販売が好調で、全体でも増収増益となった。

 売上高は前年度に比べて52億1100万円(11.8%)増の492億8300万円、営業利益は同4億4700万円(27%)増の21億500万円、経常利益は同5億6100万円(19.9%)増の33億7100万円、当期純利益は同2億4800万円(11.6%)増の23億8400万円だった。1株あたりの配当金は、前期と同じ6円。
 事業部門別では、主力の化学品事業が、国内販売は水稲用除草剤「ピリミスルファン剤」、園芸用殺菌剤「ファンタジスタ」、同「ファンベル」などが伸びたが、在庫調整などの影響で売上高は前年度並みだった。一方、海外販売は、畑作用除草剤「ピロキサスルホン剤」が豪州、米国で、直播水稲用除草剤「ノミニー」がインドで、それぞれ販売増となり、売上高は前年を大きく上回った。
 化学品事業全体の売上高は前年に比べて52億9300万円(13.2%)増の452億5100万円、営業利益は同6億1200万円(36.5%)増の22億8900万円だった。
 薬剤の用途別売上高は、除草剤、殺菌剤が前年に比べて増えたが、殺虫剤、殺虫殺菌剤は前年比減だった。
 除草剤は234億円で前年比56億円増。割合も伸び、全体の5割以上を占めた。次いで多いのは殺菌剤で、同3億円増の87億円。割合は2割ほど。殺虫剤は9億円減で45億円、殺虫殺菌剤は3億円減で41億円、割合はともに1割前後だった。
 次期の国内販売戦略としては、水稲用除草剤の分野では「ピリミスルファン剤」、水稲用箱処理剤では「イソチアニル剤」、水稲本田剤では新たに発売する殺菌剤「コラトップ」、殺虫剤「スタークル豆つぶ剤」などの拡販をめざす。業績は、売上高540億円、営業利益26億円、経常利益38億円、当期純利益26億円と増収増益を見込んでいる。


(関連記事)

「磐田メガソーラ発電所」始動 クミアイ化学(2013.09.20)

国内外とも大幅増収 クミアイ化学第3四半期(2013.09.06)

クミアイ化学工業、台湾庵原農薬に出資(2013.07.12)

クミアイ化学工業、韓国に現地法人新設(2013.07.02)

農薬事業好調で増収増益 クミアイ化学工業(2013.06.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る