人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

アジア地域のマラリア防除を支援 住友化学2014年5月7日

一覧へ

 住友化学(株)は、アジア・パシフィック地域のマラリア防除を目的とする組織「AsiaPacific Malaria Elimination Network(APMEN)」に15万ドルを寄付することにした。

 現在、アジア・パシフィック地域では年間に約2800万人がマラリアに感染しており、これはアフリカに次いで感染者数が多く、その対策が急がれている。
 APMENは、これまで国際機関などがアフリカで実施してきたマラリア防除の取組みを、アジア・パシフィック地域で展開することを計画している。
 すでにマラリア原虫に着目して調査研究、対策を推進。蚊帳による防除を働きかける一方で、薬剤散布などによるボウフラ蚊の駆除、抗マラリア薬に耐性を示すマラリア原虫に有効なワクチンの開発に取組んでいる。
 住友化学は、マラリア予防用に蚊帳「オリセット・ネット」を製造・供給するほか、これまでもマラリアの防除や根絶を目的とするさまざまな活動を支援してきているが、今回、APMENの活動趣旨に賛同し、寄付を決定した。
 同社は、今後もマラリアの防除や根絶に向けた取組みを積極的に支援していくことにしている。

(関連記事)

ガーデニングでキャンペーン 住友化学園芸(2014.04.10)

アフリカ農村に蚊帳33万張り 住友化学(2014.04.07)

住友化学 野菜加工会社を設立(2014.03.12)

米国で非農耕地向け農薬販売強化 住友化学(2014.01.31)

小学校の"花育"を応援 住友化学園芸(2013.12.27)

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る