農薬 ニュース詳細

2014.05.07 
アジア地域のマラリア防除を支援 住友化学一覧へ

 住友化学(株)は、アジア・パシフィック地域のマラリア防除を目的とする組織「AsiaPacific Malaria Elimination Network(APMEN)」に15万ドルを寄付することにした。

 現在、アジア・パシフィック地域では年間に約2800万人がマラリアに感染しており、これはアフリカに次いで感染者数が多く、その対策が急がれている。
 APMENは、これまで国際機関などがアフリカで実施してきたマラリア防除の取組みを、アジア・パシフィック地域で展開することを計画している。
 すでにマラリア原虫に着目して調査研究、対策を推進。蚊帳による防除を働きかける一方で、薬剤散布などによるボウフラ蚊の駆除、抗マラリア薬に耐性を示すマラリア原虫に有効なワクチンの開発に取組んでいる。
 住友化学は、マラリア予防用に蚊帳「オリセット・ネット」を製造・供給するほか、これまでもマラリアの防除や根絶を目的とするさまざまな活動を支援してきているが、今回、APMENの活動趣旨に賛同し、寄付を決定した。
 同社は、今後もマラリアの防除や根絶に向けた取組みを積極的に支援していくことにしている。

(関連記事)

ガーデニングでキャンペーン 住友化学園芸(2014.04.10)

アフリカ農村に蚊帳33万張り 住友化学(2014.04.07)

住友化学 野菜加工会社を設立(2014.03.12)

米国で非農耕地向け農薬販売強化 住友化学(2014.01.31)

小学校の"花育"を応援 住友化学園芸(2013.12.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ