左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

芝用殺菌剤「オブテイン フロアブル」バイエル2014年7月29日

一覧へ

 バイエル クロップサイエンスは、日本芝の葉腐病(ラージパット)に長い残効性を示す芝用殺菌剤「オブテイン フロアブル」を8月4日から販売開始する。

芝用殺菌剤「オブテイン フロアブル」 この剤は、日本芝でもっとも被害の大きい病害である葉腐病(ラージパッチ)に対して長い残効性を示し、初期の葉腐病に対しても高いパッチ伸展阻止効果を発揮。また、日本芝の主要病害である、疑似葉腐病(春はげ症、象の足跡)やダラースポット病、フェアリーリング病にも高い防除効果を示す。
 有効成分のペンフルフェンは、葉腐病を発生させるリゾクトニア菌の菌糸伸長、菌核発芽、菌核形成などを阻害する作用性を有しており、低薬量でも優れた控除効果がある。
 さらに、この剤の散布適期は秋期なので、春期に発生する葉腐病防除剤の「セレンターフ顆粒水和剤」と春期・秋期にローテーション使用したり、日本芝立枯病(ゾイシアデクライン)など、葉腐病以外の病害にも効果がある「クルセイダー フロアブル」などと組合せて使用することで、より確実な防除ができると、同社は積極的に推進する考えだ。


(関連記事)

バイエル、小学校で理科実験教室 岩手で初開催(2014.07.16)

新規芝用除草剤「ソリスト」 今秋に発売(2014.07.14)

小学校で出前授業 科学の楽しさ伝える バイエル(2014.06.30)

クミ化の殺菌剤ピリベンカルブ、韓国で登録(2014.05.21)

芝用殺菌剤「インターフェース」 バイエル(2014.04.16)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る