左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新規うどんこ病殺菌剤「プロパティフロアブル」2015年1月9日

一覧へ

 うどんこ病に卓効を示す新規殺菌剤「プロパティフロアブル」(一般名:ピリオフェノン)は、石原産業(株)が環境に影響の少ない薬剤を創出しようというコンセプトから研究・開発に取り組み、独自に発明した新規の作用性を持つ殺菌剤だ。防除の難しい内部寄生性うどんこ病に対しても、安定した効果を発揮する。

プロパティフロアブル 新規うどんこ病殺菌剤「プロパティフロアブル」(ピリオフェノン水和剤)は平成26年12月に上市された。20年から「IKF-309SC」の試験名で、日本植物防疫協会の委託試験を実施。各種作物のうどんこ病に対する防除効果で高い評価を受け、25年10月に小麦、キュウリ、イチゴ、ナスで登録が認可された。
 本剤は、石原産業(株)が得意とするピリジンケミストリーを適用して、独自に発明した新規の作用性を持つ殺菌剤だ。既存の薬剤とは異なる新規の作用性を有し、うどんこ病防除の基幹剤として期待されている。
 「プロパティフロアブル」の特長としては、
○うどんこ病に優れた効果
○次世代菌密度低減効果(サニテーション効果)
○マルチスプレッド効果による優れた残効性と耐雨性
○有用生物や天敵に対して影響が少ない(IPM体系に適した薬剤)
などがある。
 「プロパティフロアブル」の規格は100ml×10本×2箱/ケース。26年12月1日から石原バイオサイエンス(株)より販売されている。


(関連記事)

バイエル 医薬・農業分野の研究開発強化(2014.12.18)

農薬販売は国内外とも減少 石原産業(2014.11.26)

うどんこ病、ハダニ類に注意 病害虫発生予報(2014.11.14)

微生物農薬「インプレッションクリア」を発売(2014.10.28)

水稲の種子消毒など呼びかけ 病害虫発生予報(2014.04.18)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る