左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新たな殺虫剤2製品を来春に発売予定 イソクラスト普及会2018年10月17日

一覧へ

 イソクラスト普及会は10月10日、畑作用殺虫剤ビレスコ顆粒水和剤と水稲用殺虫剤エクシード粉剤DLの2つの製品を2019年早春に発売すると発表した。

 ビレスコ顆粒水和剤およびエクシード粉剤DLの有効成分であるイソクラスト(スルホキサフロル)は、IRAC(殺虫剤抵抗性対策委員会)の作用機構分類において、グループ4の新サブグループであるグループCに分類される唯一のスルホキシイミン系の新規系統の殺虫剤。既存の殺虫剤に対して、感受性が低下した害虫にも安定した効果がある。
 ビレスコ顆粒水和剤は北海道専用剤で、バレイショ、テンサイで問題となるアブラムシ類に対して、安定した防除効果がある。速効性および残効性を有し、有効成分が植物体内に広がるため、葉裏や茎葉に寄生するアブラムシ類にも効果を発揮する。
 エクシード粉剤DLは、水稲で問題となるウンカ類、ツマグロヨコバイ、カメムシ類に対し、高い防除効果がある。本田での散布用ローテーション防除の一剤として期待されている。
 この2つの殺虫剤はダウ・アグロサイエンス日本(株)、日産化学(株)、北興化学工業(株)の3社から2019年早春に発売を予定している。

 

(関連記事)
新規農業用殺虫剤「インスカリスR」米国で登録取得 Meiji Seika ファルマ(18.10.05)
アザミウマ類、サビダニ類防除に特効薬 ファインセーブフロアブル(18.05.23)
コナジラミ類に効果「ダブルシューターSE」を新発売 ダウ・アグロサイエンス日本(株)(18.03.27)
BASF新製品の総売上げは35億ユーロに 日本企業も共同開発(18.03.07)
斑点米カメムシや吸汁性害虫に効果 ダウが新剤(18.01.26)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ナガセサンバイオ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る