農薬 ニュース詳細

2019.02.20 
ウンカ剤ピラキサルトとの混合剤を販売開始 三井化学アグロ一覧へ

 三井化学アグロ(株)は、同社開発の新規いもち病防除剤トルプロカルプと全農とデュポンが開発した新規ウンカ剤ピラキサルトの混合剤を2月下旬から販売を開始する。

 トルプロカルブは三井アグロが開発している新規原体で、いもち病に対して高い効果をもち、耐菌性リスクの低い有効成分として注目されており、すでに同社から「サンブラス」などの商品名2016年から13製品が販売されている。
 このトルプロカルブに、イネの重要害虫であるウンカ類に高い効果と長期残効を示す成分として全農とデュポンが開発した新規殺虫剤のピラキサルトを混合した「サンスバイク(R)箱粒剤」。さらにこの2成分に、九州での重要病害である紋枯病や近年では難防除病害として増加している稲こうじ病に有効なシメコナゾール(モンガリット(R)粒剤の有効成分)を加えた「サンエース(R)箱粒剤」を2月下旬から順次販売を開始していくことにしている。
 同社では、今後もこうした新しい作用性の組み合わせで、他農薬に対する耐菌性や抵抗性害虫への対策が求められてきたイネの重要病害虫防除の課題を解決して、食糧の生産性向上に貢献していきたいと考えている。

 

(関連記事)
待望のウンカ剤ついに登場!  JA全農とデュポンが開発したピラキサルト(18.09.25)
新規ウンカ剤ピラキサルト混合の3剤で登録を取得 クミアイ化学(18.09.27)
新規ウンカ剤ピラキサルト含有の2箱剤の登録取得 協友アグリ(18.09.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ