左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

タカマツペアをモデルに農薬安全使用を推進 ランネート普及会2019年6月5日

一覧へ

 デュポン・プロダクション・アグリサイエンス、ダウ・アグロサイエンス日本、クミアイ化学工業株式会社、日本農薬、北興化学工業、三井化学アグロの6社で組織するランネート普及会は、バドミントン女子ダブルスの髙橋礼華・松友美佐紀(タカマツ)ペアを起用し農薬の安全使用を呼びかけるポスターを作成した。

20190605 農薬安全使用ポスター ランネート普及会バトミントンの髙橋・松友ペアが農薬の安全使用を呼び掛ける

 

 農林水産省、厚生労働省、環境省、各都道府県が推進する6月からの農薬危害防止運動にともない、全国の官公庁、農業関係団体、試験研究機関やJA、卸店などの流通機関に計1万3300枚のポスターを配布する。
 ポスターに起用された髙橋礼華・松友美佐紀ペアは、 高校時代にダブルスのペアを組み、団体、 ダブルスで2冠を達成。その後、実業団の日本ユニシスでも着実に実績を積み上げ、日本人で初めて世界ランキング1位を獲得するなど、日本バドミントン界を牽引し、世界の舞台で戦っている。
 ポスターは「明日を信じて、今日もしっかり守り抜く。」をキャッチコピーに、生産者 の皆様に農薬の正しい使用方法を必ず守り、また安全使用の継続をアピールしている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る