左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬新規登録「ハコガード粒剤」 日本農薬2020年2月28日

一覧へ

 日本農薬は2月27日、水稲殺虫剤「ハコガード粒剤」が新規登録されたことを公表した。

 有効成分は、クロラントラニリプロール(0.75%)、トリフルメゾピリム(0.75%)、チアジニル(6.0%)、チフルザミト(3.0%)。

 適用病害虫の範囲と使用方法は以下の通り。

作物名:稲(箱育苗)
適用病害虫名
(1)いもち病、紋枯病、白葉枯病、もみ枯細菌病、イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ウンカ類、ツマグロヨコバイ、コブノメイガ

(2)内穎褐変病、ニカメイチュウ、イネツトムシ
使用量:育苗箱(30×60×3㎝、使用土壌約5L)1箱当り50g

使用時期:適用病害虫の(1)は緑化期~移植当日、同(2)は移植3日前~移植当日

本剤の使用回数:1回

使用方法:本剤の所定量を育苗箱の上から均一に散布
クロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数:1回
トリフルメゾピリムを含む農薬の総使用回数:1 回
チアジニルを含む農薬の総使用回数:3回以内(移植時までの処理は1 回以内、本田での散布は2回以内)
チフルザミドを含む農薬の総使用回数:3回以内(移植時までの処理は1 回以内、本田では2回以内)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る