Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「第5回世界若者農業サミット」世界中から若きリーダーを募集 バイエル2021年5月20日

一覧へ

バイエルは、“Feeding a Hungry Planet”(地球レベルでの食糧安定供給について)をテーマに11月16~17日、オンラインで開かれる「第5回世界若者農業サミット」に参加するリーダーを6月30日まで募集している。

「2021年世界若者農業サミット」(YAS)は、若きリーダーたちが連携し、世界的なイノベーションの手段となることをめざして食糧安全保障と世界の農業の持続可能なソリューションの開発に取り組む、2年に1回開催される世界規模のフォーラム。隔年で開かれ今回で5回目となるが、バーチャルイベントとしては初開催となる。

今年の参加者には、バイエルの公式グローバルパートナーとして、国連の持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とテクノロジー企業であるBabele社が「YAS大学」と呼ばれるバーチャル・アイデアインキュベーターの場も提供。YAS大学では、11月のサミット後の10週間を通じて、参加者はメンターからコーチングを受け、起業家精神やリーダーシップスキルを学び、独自の"Thrive for Change"(変革に向けた前進)プロジェクトの概念を向上させる。

サミットの全体的テーマである"Feeding a Hungry Planet"(地球レベルでの食糧安定供給について)は、2050年には世界人口が97億人に達し、食糧安全保障の問題に直面するという国連の予測に基づくもの。今年の世界若者農業サミットの参加者に選出された100人には、SDGsを枠組みとして、この問題に対するソリューションの開発に取り組む課題が与えられる。

ドイツ・バイエル社経営委員会委員でクロップサイエンス部門代表のリアム・コンドン氏は「若きリーダーたちがより健全な食糧システムや農業システムの開発に取り組むことが強く必要とされている。2021年世界若者農業サミットでの取り組みを通して、若きリーダーたちは、ネットワークを拡大し、新しい転換可能なスキルや知識によって力をつけ、行動を起こすインスピレーションを得る」と話している。

応募対象は、18~25歳までの若者。応募者には、サミットへ参加する動機と、これまでの支援活動経験、および「How to feed a hungry planet」(いかにして、地球レベルで食糧を安定的に供給していくのか?)というテーマに対するプロジェクトを説明する3分間の動画の提出が求められる。

これまでのサミットで取り上げられ開発されたプロジェクトの例として、スリランカのKadamandiya Food Bankの開設や、患者に必要な栄養量を補足するために不可欠な穀物を、近隣でスタッフが収穫するマダガスカルの診療所の設立がある。

応募者には、農業、国際開発、環境スチュワードシップ、食糧安全保障、バイオテクノロジー、または農業経営に個人的、専門的、学術的関心があることが求められる。問い合わせは、バイエル クロップサイエンスお客様相談室(電話)0120-575-078。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る