食品流通 ニュース詳細

2013.10.25 
コープみらい 組合員300万人超す一覧へ

 コープみらい(本部:さいたま市、田井修司理事長)は10月25日、20月集計で組合員数が300万人を超えたと発表した。コープみらいの事業エリアは東京、千葉、埼玉で全世帯数の24.5%を占める。ほぼ4軒に1軒がコープみらい組合員世帯ということになる。

 コープみらいは今年3月にコープとうきょう、ちばコープ、さいたまコープが合併して誕生。合併時点では292万人だったが7か月で8万人増えたことになる。これを記念して10月28日から11月25日まで「コープみらい組合員300万人記念セール」を全店舗で実施するという。
 合併以来、店舗の積極的な改装や宅配事業・福祉事業の強化を進めてきた。店舗改装は10月21日時点で26店舗で実施。夕食宅配は1日あたり配色数が1万5000食を超えた(同時点)。福祉事業では千葉県袖ヶ浦市で買い物困難高齢者向けに「コープの移動店舗ふれあい便」を開始、また、東京都北区には「コープみらい滝野川介護センター」を開設するなどの取り組みを行っている。
 
(関連記事)

9月28日、秋葉原でイベント コープみらい(2013.09.25)

竜巻被害者の宅配手数料を無料に コープみらい(2013.09.13)

生協の未来を社会の未来に コープみらい(2013.06.06)

コープみらい 子育てサポート企業に認定(2013.05.16)

コープみらい 館山市で高齢者見守り事業(2013.05.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ