想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コープみらい 組合員300万人超す2013年10月25日

一覧へ

 コープみらい(本部:さいたま市、田井修司理事長)は10月25日、20月集計で組合員数が300万人を超えたと発表した。コープみらいの事業エリアは東京、千葉、埼玉で全世帯数の24.5%を占める。ほぼ4軒に1軒がコープみらい組合員世帯ということになる。

 コープみらいは今年3月にコープとうきょう、ちばコープ、さいたまコープが合併して誕生。合併時点では292万人だったが7か月で8万人増えたことになる。これを記念して10月28日から11月25日まで「コープみらい組合員300万人記念セール」を全店舗で実施するという。
 合併以来、店舗の積極的な改装や宅配事業・福祉事業の強化を進めてきた。店舗改装は10月21日時点で26店舗で実施。夕食宅配は1日あたり配色数が1万5000食を超えた(同時点)。福祉事業では千葉県袖ヶ浦市で買い物困難高齢者向けに「コープの移動店舗ふれあい便」を開始、また、東京都北区には「コープみらい滝野川介護センター」を開設するなどの取り組みを行っている。
 
(関連記事)

9月28日、秋葉原でイベント コープみらい(2013.09.25)

竜巻被害者の宅配手数料を無料に コープみらい(2013.09.13)

生協の未来を社会の未来に コープみらい(2013.06.06)

コープみらい 子育てサポート企業に認定(2013.05.16)

コープみらい 館山市で高齢者見守り事業(2013.05.31)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る