JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

96kgの寄付食品を回収しNPO法人に提供 東都生協2017年11月21日

一覧へ

 東都生協は、組合員から寄付食品96kgを回収し、NPO法人「フードバンク八王子えがお」に提供した。

 東都生協は、9月18日~29日の2週間、特定非営利活動法人「フードバンク八王子えがお」と連携し、週1回の定期配送ルートを活用したフードドライブを実施した。
 フードドライブとは、東都生協八王子センターから商品を届けている組合員を対象に、商品の配送時に組合員から寄付食品を回収し、それをNPO法人に提供する。
 初めての取り組みにもかかわらず、総重量96kg、439点の寄付食品が集まった。次回は同センターにおいて、12月4日~15日に実施される。

八王子フードドライブの流れ

(写真)八王子フードドライブの流れ

 

 日本の食料自給率は、カロリーベースで40%を下回る状況のなか、環境省や農水省の推計によると、2014年度の食品廃棄物は約2.775万t、うち、安全に食べられるのに廃棄された食品ロスは、年間620万tに上ると報告されている。
 一方、東京都の調査によると、生活困難層にいる小中高生の割合が、約20%を占めることが分かっている。東都生協では、2016年度に「東都生協福祉政策2025」を取りまとめ、地域のみんなが安心して暮らせる地域社会づくりの推進を目標に掲げている。
 この福祉政策に基づき、2017年度は子どもの貧困問題に着目し、行政や社会福祉協議会、地域の諸団体と交流・連携した取り組みを実践している。今回のフードドライブも、その一環として行われた。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る