左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

シイタケでコロナ帰省・外出の自粛を支援 岐阜県出身の若者に菌床を無料送付 ハルカインターナショナル2020年4月16日

一覧へ

 有機JAS菌床キノコメーカー、ハルカインターナショナル(岐阜県郡上市)は、コロナウイルス対策の緊急事態宣言地域に在住する岐阜県出身者の若年者を対象に、屋内で簡単に栽培できるシイタケ菌床を希望者に無料で送付している。

ハルカ社の岐阜農場ハルカ社の岐阜農場

同社農場の栽培風景 新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言の発令後、対象地域の若者が出身地に一時帰省することで、感染が各地で拡大するという事態が起きている。こうした状況をふまえ同社では、岐阜県出身者に菌床を送付することにより、感染拡大を抑制できないかと考えた。

 同社は、「外出自粛要請を受け、在宅で勤務や勉学を続ける岐阜県出身者が、岐阜県の樹木からできたキノコ菌床の栽培を楽しむことで、長期にわたる在宅の気晴らしや食材に活用してもらいたい」としている。

 対象となるのは、緊急事態宣言が発令された10都府県に在住している岐阜県出身者のうち、18歳から30歳までの若年者。第1期受付として1人1口、計1000口を募集する。
 

 今回、無料送付するシイタケ菌床は、有機JAS認証のシイタケが発生する直前の菌床。栽培にあたっては、ビニールの包材を取って、浴室や直射日光に当たらない場所に置き、1日数回程度のシャワーなどの水を菌床に散水すれば、1週間ぐらいでシイタケが生長する。順次、収穫でき食材として食べられる。また、特大サイズの有機JAS生シイタケ300グラムも同梱するため、栽培の手本として、食材として楽しめる。

 菌床は、岐阜県内の広葉樹・照葉樹のオガクズと、同社が開発した種菌でできており、化学物質や化学的な添加剤、殺虫剤、香料などは使用していない。栽培を終えた菌床は、プランターの堆肥などに活用できるという。

 希望者は、同社ホームページの問い合わせフォーム(contact)欄から申し込む。4月15日から順次発送され、到着日時の指定は不可。なお現在、キノコ商品の受注が増加しているため、対象者および非対象者からの電話、FAXでの受付や問い合わせには応じていない。

同社農場の栽培風景栽培見本の有機JAS生シイタケ同社農場の栽培風景・栽培見本の有機JAS生シイタケ


【ハルカ社公式ホームページ】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る