左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

王理恵さんがメッセージ 野菜ソムリエがコロナ禍の産地応援プロジェクト2020年5月29日

一覧へ

日本野菜ソムリエ協会は、新型コロナウイルスの影響で野菜・果物・加工品の販路を失った生産者の販売を支援する特設ECサイト「コロナに負けるな!産地応援プロジェクト」を展開中。このほど同プロジェクトに朝日新聞が運営する「朝日新聞Reライフプロジェクト」がメディアパートナーとして加わり、ウェブサイト「Reライフ.net」やメールマガジン、SNSなどを通じて、さらに取り組みを広く紹介していく。

「Reライフ.net」
プロジェクト啓発リーダーの王理恵さん「Reライフ.net」では、同プロジェクトを応援する俳優の片岡鶴太郎さんや、女優の木村多江さんからのメッセージや、出品する生産者からのメッセージを掲載している。

同協会は、野菜ソムリエ約6万人に呼びかけ、行き場をなくした農産物や加工品などを抱える生産者の商品を販売する特設サイトを4月にスタート。現在、30商品以上の商品が出品され、支援を求める生産者と生活者をつなぐプラットフォームになっている。販売中の商品は、宮崎の無農薬バナナ、熊本のトマトやグレープフルーツ、大阪の泉州水なす、山口のはちみつなど。

5月にプロジェクトの啓発リーダーに就任した同協会理事で野菜ソムリエの王理恵さんは「先の見えない不安な状況のなか、全国の農家さんは農作業を続けてくださっています。コロナが収束して穏やかな日常が戻ったときに、そしてこの先もずっと国産の美味しい野菜や果物がいただけるように皆で生産者さんを応援しましょう」とメッセージを送っている。
 

【コロナに負けるな!産地応援プロジェクト特設ECサイト】


写真=プロジェクト啓発リーダーの王理恵さん

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る