Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

千葉県山武市の老舗醤油メーカーが「ちば地産地醤プロジェクト」発足2021年7月9日

一覧へ

1804年創業の醤油メーカー、大高醤油株式会社(千葉県山武市)は、千葉県で生産された農作物を使ってオリジナル醤油作りに挑戦する「ちば地産地醤プロジェクト」を発足。第一弾は、千葉県市原市の農場「OMDアグリネットサービス」とコラボレーションし、パクチーを使った「パクチーしょうゆ」をクラウドファンディングで7月14日から先行販売する。

千葉県山武市の老舗醤油メーカーが「ちば地産地醤プロジェクト」発足

同プロジェクトは、小ロットのOEM生産、商品開発を得意とする老舗醤油メーカーが地元食材と醤油のコラボでエシカル消費を推進する。

同社が本社・工場を構える千葉県は、落花生の他、日本なしやスイカ、ネギなどさまざまな野菜、果物の産地で、園芸部門の産出額は全国でも上位に入る。東京都内の一流レストランに卸されている絶品の食材も数多く存在するが、一方で消費されず廃棄されている農作物も少なくない。

こうしたフードロスを少しでも防ぐため、創業から200年を誇る同社の醤油作りの実績とネットワークを活かし、千葉県の食材と醤油をコラボレーションしオリジナル醤油を創る「ちば地産地醤プロジェクト」を立ち上げた。同プロジェクトを通じ、千葉県産の食材を鮮度を保ったまま全国の食卓に届けるとともに、エシカル消費を推進し、持続可能な社会への貢献をめざす。

第一弾商品は、千葉県市原市に農場があるOMDアグリネットサービスとタッグを組んで開発した「パクチーしょうゆ」。艶やかで香り立つパクチーをふんだんに使い、クセになるパクチー感が口いっぱいに広がる逸品に仕上がった。パッケージデザインには、市原市の観光スポットとして有名な「ぞうの国」や、パクチーの本場、タイを彷彿とさせる象を採用。パクチーしょうゆは、クラウドファンディングで先行販売を予定。詳細は同プロジェクトのホームページで随時更新する。

同プロジェクトで開発した醤油は、道の駅や、全国のスーパーマーケットなどでの販売や、ふるさと納税の返礼品として登録を予定。同社は、パクチーしょうゆに続く、千葉県産のさまざまな食材とのコラボレーションを計画しており、千葉県で農作物を生産している農家や、食品の生産・加工業者に提案や協力を呼びかけている。問い合わせはホームページから。

たっぷりと愛情を注いで育てられたパクチーをふんだんに使った「パクチーしょうゆ」たっぷりと愛情を注いで育てられたパクチーをふんだんに使った「パクチーしょうゆ」

【ちば地産地醤プロジェクト】

【農家・食品事業者からの問い合わせ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る