Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

山形県の日本酒産業の持続可能な発展めざしCFに挑戦 山形県酒造組合2021年10月14日

一覧へ

山形県酒造組合は10月15日、コロナ禍からの復活と山形県の日本酒産業の持続可能な発展をめざし、 クラウドファンディングのCAMPFIREでプロジェクト「コロナ禍の苦境に負けず、山形県が誇る最高品質の純米大吟醸を」を開始。12月13日までの期間、目標金額150万円を掲げて支援を募る。

山形県産日本酒統一ブランド「山形讃香」山形県産日本酒統一ブランド「山形讃香」

山形県酒造組合は、クラウドファンディング挑戦を機に、この冬山形県の統一ブランドである純米大吟醸「山形讃香」をリニューアルし、クラウドファンディングの返礼品として提供。また、リニューアルに際して、日本人初のフェラーリデザイナーで山形県出身の奥山清行氏にプロダクトデザインを依頼。洗練されたデザインとともに生まれ変わる「山形讃香」を、国内だけでなく世界へ向けて販売する。

「山形讃香」は、山形県の51の酒蔵が醸造する純米大吟醸酒で、日本酒の品質向上のため、1985年に県の統一ブランドとして開発を始めた。厳しい審査に合格した日本酒だけが「山形讃香」のラベルで販売することができる。

2020年までは県産の酒米「出羽燦々」を使っていたが、2021年の冬から2015年に完成した、純米大吟醸酒に最も適した県産の酒米「雪女神」が原料となった。さらに「雪女神」の中でも酒米コンクールで上位に入った高品質なものを、2020年の技術コンクールで優勝した酒蔵が醸す。

山形県は「吟醸王国」と呼ばれ、全国新酒鑑評会では金賞数が最多を占めるなど、高品質な日本酒が醸造されている。その背景には、山形ならではの気候や水に加え、行政、農家、酒蔵が一体となって、県産の酒米の開発や人材育成、醸造技術の向上に努めてきたことがある。

山形の職人の技によって醸される日本酒山形の職人の技によって醸される日本酒

山形には大きな酒造メーカーはなく、中小規模の51の各酒蔵が、情報を開示し技術を高め合ってきたことも、県全体での日本酒の品質が国内外で高く評価されている理由の一つ。こうした事情が評価され、2016年には日本で初めて県単位でGI(地理的表示保護制度)を取得しGI山形と認定された。

クラウドファンディングのプロジェクトでは、リニューアルした「山形讃香」だけでなく、山形県の51の酒蔵から選りすぐりの日本酒や、山形県ならではの食を組み合わせた返礼品を用意している。

山形の豊かな自然に育まれる酒米山形の豊かな自然に育まれる酒米

【コロナ禍の苦境に負けず、山形県が誇る最高品質の純米大吟醸を】
https://camp-fire.jp/projects/view/503329

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る