協友アグリヘッドSP:FG剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

広島県産「瀬戸内 広島レモン」がグランプリ 日本観光特産大賞20212021年12月7日

一覧へ

日本観光文化協会は12月6日、食と観光、地元グルメ、お土産品などでその年話題になった観光特産品を表彰する『日本観光特産大賞2021』を発表。観光特産大賞のグランプリは、JA広島果実連の「広島県:瀬戸内 広島レモン」に決まった。

日本観光特産大賞「グランプリ」に選ばれた「広島県:瀬戸内 広島レモン」日本観光特産大賞「グランプリ」に選ばれた「広島県:瀬戸内 広島レモン」

「日本観光特産大賞」は、毎年12月に日本観光文化協会が、食と観光、地元グルメ、お土産品などでその年話題になった観光特産品を表彰する制度。授賞式は2022年1月22日に開かれるJMCグループの全国大会で行われる。

2021年は観光特産大賞の「グランプリ」に「広島県:瀬戸内 広島レモン」に決定。また、金賞「優秀賞」は「長崎県:五島手延うどん」、金賞「ニューウェーブ賞」は「沖縄県:海洋深層水」が選ばれた。

グランプリの「広島県:瀬戸内 広島レモン」は、尾道市や呉市にまたがる範囲で著名なブランドが複数あり、ブランド発祥地やしまなみ海道、地域商標など、各所すべてが連携して取り組んだことが成功の証として評価された。審査員の一人、6次産業化プランナーの小財誓子氏は、「国産レモンを『瀬戸内 広島レモン』というネーミングにしたことで広く浸透し、ブランディングに成功。お菓子や、食品、調味料など様々なアイテムで商品開発され、ただのレモン味ではなく、『瀬戸内 広島レモン』というブランドに。ブームに終わらず、国産レモン商品の信頼度アップ・おいしさの象徴にした功績は大きい」と評した。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る