おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

離農問題の解決へ農業AI「フェアリーテイル」を開発 メルヘングループ2022年3月28日

一覧へ

離農問題をAIで解決するメルヘングループ合同会社(東京都渋谷区)は、AIやIoTセンシング技術を駆使したスマート農業に特化したAIで、農業における技術継承や土壌診断、施肥設計、日常の育成状況モニタリングを簡単に確認できるAI「フェアリーテイル」を開発。4月にリリースイベントを行う予定。

離農問題の解決へ農業AI「フェアリーテイル」を開発 メルヘングループ

「フェアリーテイル」は、日常の農作業に必要なデータをタブレットやスマホに送信し、日常データ(気温・湿度・EC・育成状況データ)を表示させ行動解析する農業AI。これまでの日常データを送信し管理監視を行うものではなく、メルヘングループの技術で、農法の保存、属人技術の保存でき、次の作業予定を指示することで役に立つ次世代営農指導を提供する。

「フェアリーテイル」を駆使したAIの活用としては、宮崎県が実施している「みやざき新価値創造プロジェクト」に参加する各市と連携した農業ビックデータ解析やAI土壌診断等の活用を想定。また、埼玉県内の農業法人や篤農家との取り組み「次世代型循環式農業(NexAgSDGs)」で、育苗や育成状態モニタリングを開始。提携する岡田農園が第一期出荷を完了し、深谷市場で2月に深谷ネギ1位の評価を得た。

今後は、グリーンハウス、コンバイン・トラクター・農機、ECシステム、サプライチェーンシステム、太陽光発電システムとの連動を想定。同社は、各種事業者との連携を広げるためパートナーを募集している。問い合わせは(メール)inquiry@marchen.groupへ。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る