人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

コロナ5類移行後初の夏休み 帰省需要など堅調 外食産業市場動向調査8月度2023年9月26日

一覧へ

日本フードサービス協会は9月25日、協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査の2023年8月度の集計結果を発表した。

8月は、コロナ5類移行後の初めての夏休みシーズンとなり、旅行やお盆の帰省などで人流回復がさらに進んだ。お盆期間後半に台風の影響があったが、猛暑で季節メニューが引き続き好調。外食全体の売上は116.6%、2019年比では105.2%となった。原発処理水問題で、中国人訪日客の戻りは少ないが、インバウンド需要全体は堅調が続いてい。しかし、店舗の人手不足は常態化しており、特にピーク時間帯での不足感は大きい。

業態別はファストフード(FF)の全体売上は111.6%、コロナ禍前の2019年対比では116.8%。「洋風」は、恒例の季節商品の好評などにより、売上109.0%。「和風」は定番メニューの堅調に加え、深夜営業を再開する店舗もあり、売上116.2%。「麺類」は、季節の新商品やラーメン業態のビール販売が好調で、売上118.1%。「持ち帰り米飯/回転寿司」は、「回転寿司」がお盆の帰省需要などで地方の売れ行きが伸び、売上106.1%。「その他」は、「アイスクリーム」が猛暑による需要増で、売上は119.2%となった。

ファミリーレストラン業態(FR)の全体売上は前年比121.1%、2019年比では96.4%。お盆期間を中心に夏休みの家族連れ需要が堅調。「洋風」は、価格訴求型のキャンペーンが奏功し、売上121.9%。「和風」は、お盆の宴会が堅調で、売上122.4%。「中華」は、ファミリー客の増加で、売上117.6%。「焼き肉」は、夏休みで大学生等の若年層の集客があり、売上は119.4%となった。

「パブ・居酒屋」は、ビジネス街立地の店舗では、猛暑で昼間の集客が鈍り、お盆明けの客の戻りも振るわなかった。ターミナル駅や商業施設の店舗は帰省客などの需要が旺盛で、売上は前年比150.3%、2019年比で66.5%となった。

ディナーレストラン業態は、お盆の個人客の宴会が堅調であったことに加え、インバウンド需要も原発処理水問題で一部にためらいが見られたが引き続き底堅く、売上は129.9%、2019年比では売上93.6%となった。

喫茶業態は、台風により休業や時短営業を余儀なくされた店舗があったが、観光地や商業施設立地の店舗では客数が増え、売上は123.8%、2019年比で94.5%となった。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る