人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

能登半島地震で配達職員を派遣「コープいしかわ」宅配支援 パルシステム神奈川2024年2月5日

一覧へ

生活協同組合パルシステム神奈川は1月29日、能登半島地震の支援として生活協同組合コープいしかわへ、職員の派遣を開始。生活インフラである生協宅配の1日も早い安定的再開をめざし、日本生活協同組合連合会の呼びかけに応え、全国の生協とともに宅配事業を支援する。

能登半島地震で配達職員を派遣「コープいしかわ」宅配支援 パルシステム神奈川_01.png

横浜南センターでの壮行会

コープいしかわは現在、被害の大きい能登エリア(輪島市・珠洲市・穴水町・能登町)での宅配事業の再開をめざし、利用者の安否確認や道路状況の安全確認などを行っている。配達可能エリアの業務ひっ迫を避けるため、日本生協連は全国の生協へ応援職員の派遣を呼びかけている。

パルシステムグループでは18人が派遣要請に応じ、パルシステム神奈川からは、第1陣として配達担当職員2人の派遣が決まった。職員は1週間、配達するコープいしかわのトラックに同乗し、利用者への被災状況聞き取りや道路崩壊によるルートを変更などもあるなか、業務を支援。自らも被災しながら利用者のくらしを支える職員に寄り添う。

能登半島地震で配達職員を派遣「コープいしかわ」宅配支援 パルシステム神奈川_02.png

相模センターでの壮行会

派遣に先立ち、パルシステム神奈川では横浜南と相模の両配送センターで壮行会を開催。同会の網野拓男専務理事はコープいしかわの状況を説明し、「自身の安全を確保しながら活動し、1週間後、元気な姿で戻ることを一同心待ちにしています」と激励した。また、支援に向かう職員は「発災後1か月を経てなお困難な状況の人が多くいると聞いている。1人でできることは少ないかもしれませんが精いっぱい頑張ります」「不安もありますが少しでも役に立ちたい。パルシステム神奈川を代表して支援してきます」と抱負を語った。

日本生協連は現在、支援継続のため4月までの派遣体制を組んでおり、パルシステム神奈川も引き続き、職員の派遣を予定している。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る