人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

松本青果と共同開発 旬を過ぎてもおいしい「冷凍果実」4種を新発売 プロトン2024年5月23日

一覧へ

プロトングループの新鮮ネットワークは5月21日、プロトン凍結技術を用いて、松本青果物流通センター(長野県松本市)と、共同開発した冷凍フルーツ「冷凍果実」いちご、ブルーベリー、りんご、さつまいもの4種を新発売。プロトングループのECサイト「EveryMealMarket(EMM)」と直営店舗で販売している。

松本青果と共同開発 旬を過ぎてもおいしい「冷凍果実」4種を新発売 プロトン

プロトン凍結技術は、食品の細胞の破壊を防ぐ、次世代の業務用急速凍結機を使用した、均等磁束・電磁波・冷風をハイブリッドした高鮮度維持冷凍技術。同グループの中核企業である、菱豊フリーズシステムズが特許を取得している。フルーツの旬が過ぎても美味しさを保つことが可能で、旬のフルーツを旬の期間中に凍結し、年間を通して提供できる。この凍結技術を使用した「冷凍果実」は、半生解凍で食べることで、おいしさが一層引き立ち、少し溶けた状態で食べると、果実の風味や食感が生き生きと感じられる。

新商品は、いちご、ブルーベリー、りんご、さつまいもの冷凍果実。今後はメロンやシャインマスカットなど他の長野県産の果物も冷凍フルーツとして商品開発を予定しており、一年中いつでも新鮮なフルーツを楽しむことが可能となる。

近年、気候変動の影響により、農産物の収穫時期が短期間で終わることが増えた結果、大量に生産されたフルーツを計画通りに出荷・販売することが難しくなっており、需要と供給のバランスを保つことや、食品ロスを防ぐことに対して多くの課題が生じている。松本青果では、フルーツを加工し販売する方法を模索した結果、"冷凍"という選択肢にたどり着いたが、従来の冷凍技術では、冷凍食品特有のクセや香りが残り、品質に満足することができなかった。 そこで出会ったのがプロトン凍結機で、松本青果の藤森聖晃代表は「ビジネスとしてもSDGsの観点からも非常に有望で、この技術を活用して冷凍フルーツを販売することに決めた」と話す。

 美しい紅色の苺 美しい紅色の苺"紅ほっぺ"を使用した「いちご(冷凍果実)」、
冷凍でも歯ごたえと自然な甘み、酸味、香りを楽しめる「りんご(冷凍果実)」

フルーツ王国と称される長野県は、果物の生産量が多く、りんご、ぶどう、桃、さくらんぼなど、様々な種類のフルーツを生産。冷凍商品にすることで、豊富な果物を一年中楽しむことができるようになる。

プロトン凍結されたフルーツは、リアルなフルーツから直接栄養素を摂取できるため、おいしくヘルシーで健康的なおやつになる。フルーツそのままの氷を利用することで、家庭でも簡単に"フルーツかき氷"を作ることができる。また、アイスクリームを添えれば、パフェやサンデーも手軽に楽しめる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る