人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

訪日外客需要で売上堅調も物価高騰が実質成長の勢い削ぐ 外食産業市場動向調査4月度2024年5月28日

一覧へ

日本フードサービス協会は5月27日、協会会員社を対象とした外食産業市場動向調査の2024年4月度の集計結果を発表した。

4月は、全国的に桜の開花が遅れたことで花見需要が昨年より増えた。また春の歓送迎会の後押しもあり、外食全体の売上は前年比106.0%、19年比115.1%となった。全国各地では国内外からの観光客の消費が活発だったが、コロナ禍が明けて一年近くが経つ現在、物価高騰が続き、低価格重視の消費志向が高まる傾向。利益を伴う売上増はおおむね前年ほどではない。

業態別はファストフード(FF)は、引き続き好調で、売上105.4%、2019年比は128.6%。「洋風」は、、割引キャンペーンの集客が従前に及ばなかったが、高付加価値メニューの好調で売上104.3%。「和風」は、販促キャンペーンやお得メニューの充実で夕食需要が高まり、売上106.7%。「麺類」は、人気メニューの店頭訴求などが奏功し、売上110.2%となった。「持ち帰り米飯/回転寿司」は、客単価が伸びて、売上は101.3%となった。「その他」は、4月の高温傾向の中で「アイスクリーム」が好調で、売上111.4%となった。

ファミリーレストラン業態(FR)の全体売上は107.0%、2019年比では売上106.1%となった。「洋風は」、注文するメニュー品目数の増加などで客単価が上昇し売上は109.2%。「和風」は、歓送迎会や花見に一定の需要があり、売上106.9%となった。「中華」は、販促キャンペーンの展開で好調を維持し、売上107.7%。「焼き肉」は、昨年比で休日数が減少し客数も減少、昨年の販促キャンペーンの反動などで、売上98.9%となった。

「パブ・居酒屋」は、「パブ・ビアホール」で週末の天候不良が若干影響したが、人流の回復傾向や年度初めの歓送迎会の需要で、売上105.7%、19年比で69.1%。

ディナーレストラン業態は、花見需要のずれ込みで、訪日外客をはじめとした利用客と客単価が増加し、売上は103.5%。

喫茶業態は、客数の回復が堅調。大型商業施設や観光地などで継続して売上が伸び、季節メニューの好評とあいまって、売上108.6%となった。

(画像)

01:※サムネ用。ページ内で使う必要はありません

・・・・・・・・・・・
【】


★校正用資料参照元★

★連絡先メール


★文字化けチェック

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る