人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ゆうパック×はこビュン こだわりの農産物輸送で実証実験2024年6月7日

一覧へ

株式会社陽と人(福島県伊達郡国見町)、日本郵政、日本郵便、JR東日本の4社は、各社が保有するリソースやノウハウを活用し、化学肥料や除草剤不使用の桃および規格外の桃を、日本郵便の「ゆうパック」と新幹線を活用した荷物輸送サービス「はこビュン」が連携し輸送する実証実験を行う。

輸送イメージ

農業分野の課題は、「収入の不安定さ」や「温暖化の影響による農地への影響」など、多岐にわたる。物流分野においては、「物流の2024年問題」や「CO2排出量削減」などの課題が顕在化。「生産地」「物流」「消費者」それぞれの視点でこれらの課題を分解し、業種業界の垣根を超えて整理する必要があることから4社で実証実験を行う。

同実証実験では、陽と人、日本郵政グループ、JR東日本グループが所有するリソースやノウハウを活用。各領域の課題を解決するだけでなく、各社が生産から販売までそれぞれの領域の架け橋となり、将来世代や地球環境にポジティブな影響を与える仕組みづくりを目指す。

また、日本郵政グループとJR東日本グループによる「社会課題の解決に向けた連携強化」に関する協定に基づき、「物流の2024年問題」を背景とした業界の労働力不足の課題解決に向けた、モーダルシフトの選択肢の拡大となることも期待している。

◎「実証実験」概要
<期間>
7月16日~9月6日28日間(予定)

<参画企業と役割>
陽と人:プロジェクト企画・商品販売
日本郵政グループ:福島駅までの配送、東京駅からの配送、商品販売
JR東日本グループ:福島駅から東京駅間の輸送、商品販売

<内容>
陽と人と日本郵政グループとJR東日本グループの輸送モード連携の実証実験輸送した桃の販売、PRイベントの実施

<ポイント>
①業種業界の垣根を超えた共創により初めて実現した、「ゆうパック」×「はこビュン」による産直品の輸送・販売

②「栽培方法を工夫した農産物や規格外農産物を、消費者が理解して購入し、直接届く」といった新しいサプライチェーンの実現と検証

③新幹線による荷物輸送におけるオペレーション改善の検証
・日本郵便とJR東日本による効率的な「新幹線への積込オペレーション」
・日本郵政グループの配送網を活用した「駅への持込オペレーション」

④環境負荷の低減を目指した商品・物流に対する消費者意識の調査の実施

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る