栽培技術 ニュース詳細

2019.08.30 
「実用新技術講習会・相談会」開催 農研機構一覧へ

 農研機構農村工学研究部門では、11月6日(水)に、東京大学弥生講堂(一条ホール)において、研究成果の社会への普及促進を図ることを目的として「~ICTを活用した総合技術で農村の振興と安全・安心にお応えします~令和元年度 実用新技術講習会及び技術相談会」を開催する。

 同講習会では、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)(第1期)に関する研究成果などの報告を行うとともに、最近開発した新技術(16件)について、担当研究者がポスターセッション(直接対話)方式でわかりやすく説明する。
 これと併せて、来場者が日頃、現場で抱える技術的な課題などについての質問や相談も受ける。
 農研機構では、農業農村整備に携わる国や地方公共団体、土地改良関係団体、民間企業(建設会社、設計コンサルタントなど)および農業者などの参加を想定している。


 概要は次のとおり。

▽日時:11月6日(水)13時30分〜17時
▽場所:東京大学弥生講堂(一条ホール) (東京都文京区弥生1−1−1 東京大学農学部内)
▽主催:農研機構農村工学研究部門
▽後援:農林水産省


【プログラム】

(1)情勢報告「ため池の防災・減災に関する新たな取り組み」(仮題)(農水省農村振興局整備部防災課)
(2)技術報告(農村工学研究部門)
 テーマ SIP戦略的イノベーション創造プログラム(第1期)に関する成果報告
 ○「ため池防災支援システムの展開」
 ○「管水路の漏水位置検出技術」
(3)ポスターセッション・技術相談会(16新技術の紹介、研究者への質問・技術相談など)
▽参加費:無料(どなたでも参加可。定員250名)

【申し込み方法】 
 別紙(※)の参加申込書に、氏名、所属、連絡先などを明記の上、メールまたはFAXにて申し込む。
※資料は農研機構農村工学研究部門のWebサイトから入手できる。
▽申込締切:10月11日(金)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ