Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

植物工場 飽差の変動抑えレタスの収量アップに成功 東大大学院農学生命科学研究科2021年5月7日

一覧へ

東京大学大学院農学生命科学研究科の矢守航准教授らは、施設内の飽差(VPD)の変動をできるだけ抑えることにより、レタスの収量アップに成功。同研究成果は、Frontiers in Plant Science誌で4月11日に発表された。

図1:VPD変動の程度がレタスの成長に及ぼす影響(左)  図2: VPD変動の程度がレタスの成長パラメータに及ぼす影響(右)図1:VPD変動の程度がレタスの成長に及ぼす影響(左)

図2: VPD変動の程度がレタスの成長パラメータに及ぼす影響(右)

植物工場は、農作物の生育に最適になるように栽培環境を制御することで、天候に左右されずに農作物を安定生産する施設。世界の食料不足や国内の農業従事者の減少、また、不安定な農作物の生産量や価格などの課題解決につながる栽培方法として注目されている。

これまで施設内で環境制御を行う際に着目されてきたのは、温度、湿度、二酸化炭素濃度などの環境要因だが、近年は飽差(VPD)制御の重要性が高まりつつある。VPDは、ある空気にあとどの程度の水蒸気の入る余地があるかを示す指標。植物の気孔開度や蒸散速度が飽差に依存することはよく知られている。たとえば、VPDが低い(湿度が高い)と作物の蒸散が抑制されるが、逆にVPDが高すぎる湿度が低く、空気が乾燥した状態でも気孔が閉鎖。蒸散が抑制されると同時に、CO2の取り込み速度(光合成速度)が抑制され、作物成長にも悪影響が生じる。

VPDは、気孔開閉と光合成、および作物成長に影響を与える主要な環境要因のひとつで、温室栽培では、加湿システムのオン/オフ制御や天窓の開閉によって、大きなVPD変動を引き起こす。閉鎖型植物工場内でも、ヒートポンプのオン/オフ制御や施設内の風の循環によって、VPDが大きく変動することが知られているが、VPDの変動が植物の光合成と成長に及ぼす影響については不明だった。

矢守准教授らは、VPD変動の程度がレタスの光合成や成長特性に及ぼす影響を解析(図1, 2)。その結果、VPD変動が大きいと、時間と共に気孔が閉鎖し、光合成速度の低下を引き起こし、その結果、レタス成長が抑制されることが分かった。一方、VPD変動が小さいと、一日を通して気孔開度と光合成速度は高く維持され、その結果、レタスの成長が促進することが明らかになった。同研究成果は、植物工場と温室での作物栽培中のVPD制御の重要性を示すもので、施設栽培技術の改善により、植物工場の推進や発展に繋がることが期待される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る