Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大企業・研究機関向けに新規事業のPoC支援などサービス開始 inaho2021年7月7日

一覧へ

「自動野菜収穫ロボット」で2021年のロボット大賞を受賞したinaho株式会社(神奈川県鎌倉市)は7月7日、大企業と研究機関を対象に、「PoC/高速プロトタイピング支援サービス」と、「ハードウェアビジネスのサブスク化(コトビジネス化)、RaaS化支援サービス」の提供を始めた。

大企業・研究機関向けに新規事業のPoC支援などサービス開始 inaho

同サービスは、AI(人工知能)、IoT、ロボット技術を活用した新事業を検討する企業や研究機関に向けて、実際に動くプロトタイプを高速に開発し、それを使った検証を通じて「概念実証・課題の発見」を支援するサービス。エンジニアゼロ、業界経験者ゼロの中で、周囲を巻き込みながら高速に事業開発を行ってきた同社の経験をもとに、仮想のチームを提供することで、新事業を広範囲にサポートする。

「PoC/高速プロトタイピング支援サービス」は、外部の視点から、アイデア出しや、プロジェクト推進をサポート。検証ポイントを絞ることで、プロトタイプを高速かつ安価に開発し、1〜3か月で仮説検証を行う。また、「解決すべき課題」を見つける事のサポートや、フェーズ毎のアウトプットを定義する。

一方、「ハードウェアビジネスのサブスク化(コトビジネス化、RaaS化支援サービス」では、既存のハードウェア製品のサブスク化、RaaS化を支援。同社は、2019年から、RaaS(Robot as a service)として、ハードウェアのサービス化を進めており、モノのサービス化に必要な、使用ログの取得や課金方法の検討などの経験を元にサポートする。

◎得意領域
・PoC支援、リーンスタートアップによるプロジェクト推進サポート
・IoT、ハードウェア、ロボットの高速試作開発及び、市場調査、マーケティング支援。
・一次産業(アグリテック、林業テック、水産テック)の自動化、高度化、リモート化、省力化。
・工場の自動化、データを使ったオペレーション改善
・農業機械、農機具の電化、AIや自律走行機能付加による高度化
・地域、地方創生プロジェクト

◎対象
大企業・研究機関に所属している人
・新規事業部、研究所に所属しているが社内リソースを使えずリサーチで終わっている。
・プログラム、シミュレーションはできたので実際にモノを作って検証をしたい。
・トレードショー、イベントに向けて実機を作りたい。
・外部との取り組みを通じて、社内の空気を変えたい、若手を育てたい。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る