人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

【注意報】野菜、果樹、花き類に「ハスモンヨトウ」県内全域で多発のおそれ 新潟県2023年9月15日

一覧へ

新潟県病害虫防除所は、野菜、果樹、花き類にハスモンヨトウが多発の恐れがあるとして、9月14日に令和5年度病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

図1:各地の性フェロモントラップにおけるハスモンヨトウの誘殺数図1:各地の性フェロモントラップにおけるハスモンヨトウの誘殺数

新潟県病害虫防除所によると、各地の性フェロモントラップの誘殺数は、8月第3半旬から急増し、9月第1半旬以降はほとんどの調査地点で平年に比べて多くなった。特に9月第2半旬の誘殺数は、五泉市一本杉で1831頭、新潟市西蒲区松野尾で755頭となり、平年の2~3倍になっている(図1)。

図2:ハスモンヨトウの中齢幼虫(提供:新潟県病害虫防除所)図2:ハスモンヨトウの中齢幼虫(提供:新潟県病害虫防除所)

現在、大豆、かき、なす、さといも、アブラナ科作物などで、若~中齢幼虫の食害による被害が増加している(図2)。気象庁が発表した向こう1か月予報では、気温が平年比高いと予報されており、加害に好適な条件が続くと予想される。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

(1)耕種的防除、物理的防除
〇同種は広食性で雑草地にも生息しているため、ほ場周辺の雑草管理を徹底する。

〇葉裏をよく観察し、卵塊または若齢幼虫が密集しているのを見つけたら摘除して、ほ場外で適切に処分する。

〇施設栽培では、開口部に目合い4ミリ以下の防虫ネットを張り、成虫の侵入を防ぐ。

(2)化学的防除
〇老齢幼虫になると分散し急激に食害量が増大するうえ、薬剤が効きにくくなるため、体長1センチ以下の若~中齢幼虫のうちに薬剤防除する。

〇若齢幼虫は葉裏などに密集していることが多いため、薬液が葉裏や株元に十分届くよう丁寧に薬剤散布する。

〇薬剤散布の際は、最新の農薬登録状況を確認し、農薬使用基準を遵守する。なお、収穫期が近い作物にあっては、使用時期(収穫前日数)に注意する。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る