左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【注意報】トマトにトマト黄化葉巻病 県内全域で多発のおそれ 愛知県2023年12月5日

一覧へ

愛知県農業総合試験場は、トマトにトマト黄化葉巻病が県内全域で多発のおそれがあるとして、12月4日に令和5年度病害虫発生予察注意報第15号を発令した。

図1:タバココナジラミの幼虫(左)と成虫(写真提供:愛知県農業総合試験場)図1:タバココナジラミの幼虫(左)と成虫(写真提供:愛知県農業総合試験場)

愛知県農業総合試験場によると、11月下旬に県内14ほ場で行った巡回調査において、トマト黄化葉巻病の発病株率が1.9%(平年1.3%、前年3.9%)と、過去10年で3番目に高かった。

また、コナジラミ類の成虫寄生枝率が14.3%(平年5.1%、前年14.7%)で過去10年で2番目に高かった。発生ほ場率は50.0%(平年39.9%、前年53.8%)で、近年高い状況が続いている。

図2:トマト黄化葉巻病の発病株(写真提供:愛知県農業総合試験場)図2:トマト黄化葉巻病の発病株(写真提供:愛知県農業総合試験場)

同所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇施設内への侵入を防ぐため、開口部に防虫ネット(目合い0.4ミリ以下)を展張する。やぶれがある場合は必ず補修する。

〇黄色粘着板や黄色粘着テープを施設内や周辺部に設置し、成虫を捕殺する。

〇多発すると防除が困難となるため、発生初期に表を参考に防除する。気門封鎖剤を活用するとともに、薬剤抵抗性の発達を防ぐためIRACコードが同じ薬剤を連続して使用することは避ける。

〇農薬を散布する場合は、花粉交配用昆虫への影響日数に注意して薬剤選定する。

〇発病株は見つけ次第抜き取り、適切に処分する。

〇耐病性品種もトマト黄化葉巻ウイルスに感染するため、感受性品種と同様にタバココナジラミの防除を行う。

〇コナジラミ類によってトマト黄化病(ToCV)も媒介されるため注意する。

表:トマトのコナジラミ類に対する主な防除薬剤

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る