人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

植物工場向け授粉・収穫ロボット開発 HarvestX社へ出資 食の未来ファンド2024年2月26日

一覧へ

食の未来1号投資事業有限責任組合(食の未来ファンド)を運営するkemuri ventures合同会社は、植物工場向けの授粉・収穫ロボットを開発・販売するHarvestX株式会社(東京都文京区)へ出資。フードテック領域のスタートアップの事業成長を支援する。

HarvestX社は、植物工場におけるソリューションの開発を行うスタートアップ。特に、イチゴの生産過程における、植物の管理・受粉・収穫をロボットにより自働化させることで、安定した衛生的な生産と収量増加を実現することを目指している。既存の植物工場でのハチによる授粉はストレスと死亡率が高く、受粉率と衛生環境に問題があるが、授粉ロボットの導入はこれらの問題を解決し、食品製造業界への適用を可能にする。また、同社は、授粉ロボットだけでなく、イチゴの生産に必要な栽培設備や管理・運用システムを一気通貫して提供することで、農業の知識がなくても導入を可能にする。

今回、投資を受けるにあたりHarvestX社の市川友貴社長は「食の未来ファンドとの連携により、より一層、お客様の食に関わる課題を技術で解決することを加速して参ります」とコメント。また、投資を実行する食の未来ファンド(kemuri ventures)の岡田博紀代表は「HarvestX社の技術は日本のみならず、海外における農業にも大きなイノベーションをもたらすと確信し、投資とサポートを決定した。我々はフードテック特化型ファンドらしく、 資金面と事業面でHarvestX社をサポートしていく」と話している。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る