生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ジプソフィラ「ジプシー」に待望の白色  サカタのタネ2013年1月23日

一覧へ

 サカタのタネはジプソフィラ(カスミソウ)の「ジプシー」シリーズに待望の白色品種「ジプシー ホワイト」を追加する。2月4日から生産者向けに種子の販売を始める。

待望の白色品種「ジプシー ホワイト」 「ジプシー」シリーズは、草丈25?30cmのわい性品種で株元からの分枝が多く、6?8mmほどの小さな花が株全体を覆うようにドーム状に長期間咲き続ける姿が特徴だ。切り花、鉢、花壇、コンテナ、ハンギングなどさまざまな用途で使えると人気が高い。また、生産者にとっても比較的栽培しやすく、播種から出荷まで約3か月と短いため高い利益率が望めるといったメリットもある。
 同シリーズはこれまで「ディープローズ」と「ピンク」のピンク系2色しかなく、白色系は草姿がコンパクトにまとまりにくいなどの課題があったが、同社のデンマーク農場が8年かけて「ホワイト」を育成した。
 販売にさきがけて欧州花き種苗審査会フロロセレクトに昨年出品したところ、「花壇の縁取りやハンギングバスケットなど幅広く使える」、「花つきがとてもいい」、「一斉出荷に対応できる、草姿のばらつきがない」などの評価を得て、新規性とそろいの良さを評価する「ノベルティー」に選ばれた。
 同社は白色という特性を生かし、既存の2色との組み合わせだけでなくパンジー、ビオラ、キンギョソウなど他の花きとも組み合わせて販売を推進していく方針で、3色合計で2013年売上げ1000万円、3年後は2000万円を目標としている。
 税込希望小売価格はマルチペレットシードが1万2600円、ノーマルシードが1575円(ともに1袋1000粒入り)。全国の種苗店やJAなどを通じて販売する。


(関連記事)
高温下でも高い商品性 大輪パンジー「パシオ」シリーズ  サカタのタネ(2013.01.15)

100周年記念品種16アイテムに注目集まる サカタフェア2013(2013.01.11)

高品質・極早生のF1プリムラ「アプリ」 サカタのタネ(2012.12.13)

1年で最高の花を決める「日本フラワー・オブ・ザ・イヤー」 2012の受賞者決定 (2012.11.29)

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る