Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

第1四半期決算は増収増益 デンカ2017年8月8日

一覧へ

デンカ(株)は8月7日、平成30年3月期第1四半期(平成29年4月1日~平成29年6月30日)の連結業績を発表した。緩やかな景気回復基調を受け、売上高は前年同期比10.5%増の905億8800万円、収益面では第1四半期業績として過去最高益となった。

 同四半期の日本経済は、個人消費や輸出・生産が持ち直すなど穏やかな景気回復基調が続いた。こうした状況を受け、同社グループは、国内外での拡販とコスト削減に努め、業容の拡大と収益の確保に注力してきた。
 結果、第1四半期業績は、クロロプレンゴムや電子・先端プロダクツ製品を中心に、販売数量が増加し、原材料価格の上昇に応じた価格改定により、売上高は前年同期比96億300万円(10.5%)増の905億8800万円となった。
 収益面では、販売数量の増加が収益拡大に寄与し、営業利益は64億3000万円(前年同期比49.7%増)となった。経常利益は73億8900万円(同212.5%増)、親会社に帰属する四半期純利益は60億4300万円(同170.7%増)となり、第1四半期連結累計期間としては、過去最高益となった。

(関連記事)

【人事異動】デンカ組織改定・人事異動(6月28日付、8月1日付)(17.07.14)

マイコプラズマ肺炎の抗原キット新発売 デンカ生研(17.06.12)

粘着テープなど値上げ デンカ(17.04.04)

がん遺伝子変異解析を推進 デンカ(17.03.21)

クロロプレンゴム・ポリビニルアルコールの価格改定 デンカ(17.03.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る