Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

とちおとめストロベリーフェア JA全農とちぎ2015年1月29日

一覧へ

お台場・ヴィーナスフォートで

 JA全農とちぎは、2月7?15日にかけて、ブランドいちご「とちおとめ」を使用した「とちおとめストロベリーフェア」を東京・お台場のヴィーナスフォートで開催する。

 栃木県は収穫量46年連続日本一のいちご産地だ。今回のフェアは、会場となるヴィーナスフォート内の全12店舗の飲食店が「栃木産とちおとめ」を使用したメニューを考案し、期間中に特別メニューとして提供するもの。
 またフェア開始日の2月7日と最終日の2月15日には13時と15時の2回、ヴィーナスフォート館内で、栃木産とちおとめを無料で配布する(先着300人、1人1パック限り)。「とちおとめサンプリングイベント」も実施する。15日のイベントには、栃木のローカルアイドル「とちおとめ25」も参加する予定だ。


(関連記事)

1月30日?2月1日 横浜で栃木イチゴ無料配布(2015.01.22)

【現地ルポ】若者に夢を与えるかっこいい農業へ JAとなみ野・梅本恵子さん(2015.01.22)

【現地ルポ・JA佐渡】朱鷺と共生する郷づくりをめざして(2015.01.09)

栃木県産新イチゴ「スカイベリー」本格出荷(2014.12.12)

国産イチゴ果汁使ったスイーツ「いちごプリン」(2014.12.05)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る