左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1月30日~2月1日 横浜で栃木イチゴ無料配布2015年1月22日

一覧へ

 JA全農とちぎは1月30日~2月1日の3日間、横浜赤レンガ倉庫で「とちおとめ」の無料サンプリングイベントを開く。

 栃木県は46年連続イチゴ収穫量全国1位を誇る、イチゴの主産県だ。例年、出荷が最盛期を迎える1~3月にかけて、東京を中心とした関東一円で栃木県産「とちおとめ」の無料サンプリングイベントを行っている。
 今年の1回目は1月30日~2月1日までの3日間、横浜で開催することが決まった。
 同期間、横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜ストロベリーフェスティバル2015」に出展し、各日午前11時から配布を行う。配布は1人1パックのみで各日先着300人のみ。なくなり次第終了。なお、このフェスティバルには無料サンプリングのほか、「とちおとめカクテル2015」の試飲コーナーや、こだわりのイチゴスイーツが楽しめる「いちごマーケット」なども設置する。


(関連記事)

【現地ルポ】若者に夢を与えるかっこいい農業へ JAとなみ野・梅本恵子さん(2015.01.22)

新規うどんこ病殺菌剤「プロパティフロアブル」(2015.01.09)

【現地ルポ・JA佐渡】朱鷺と共生する郷づくりをめざして(2015.01.09)

栃木県産新イチゴ「スカイベリー」本格出荷(2014.12.12)

国産イチゴ果汁使ったスイーツ「いちごプリン」(2014.12.05)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る