野菜・果物 ニュース詳細

2015.02.02 
ミカン数量・価格とも減 12月の青果物市場一覧へ

 農水省は1月30日、全国の主要卸売市場(※)の平成26年12月の青果物卸売市場調査結果を公表した(※主要卸売市場とは、全国の主要都市にある青果物卸売市場81市場・126卸売会社をさす)。

【野菜】
 12月の野菜の卸売数量は69万7000tで、前月に比べ6%増、前年同月比でも4%増だった。
 1kgあたりの平均卸売価格は213円で、前月比23%上がったが、前年同月比では9%低下した。
 平年比では数量が1%多く、価格も4%高かった。全体の卸売価額は1485億円。
 品目別では、ハクサイ、キュウリ、ピーマンを除く11品目で卸売数量が前年同月比を上回った。価格はキュウリ、ピーマン、サトイモ以外の11品目で前年同月比低下となった。
 ハクサイは数量が7万9000tで前年同月比3%減、平年比1%減だったが、価格が41円で前年同月比41%低下、平年比でも18%低下していた。このほかの葉物野菜の価格は、キャベツが72円で前年同月比47%低下、ホウレンソウが501円で同11%低下、レタスが252円で同17%低下となった。
 キュウリは数量が2万2000tで前年同月比9%減、平年比7%減、価格が488円で、前年同月比33%上昇、平年比でも18%上昇だった。

平成26年12月の野菜市場

【果実】
 果実の卸売数量は27万2000tで前年同月比1%減だが、前月比では15%増だった。このうち国産は23万2000t。
 1kgあたりの平均卸売価格は304円で前月に比べ29%上がり、前年同月比でも2%上がった。平年比でも10%高かった。
 全国の卸売価額は828億円。このうち国産は742億円だった。
 ミカンは卸売数量が14万1000tで、年同月比7%減、平年比でも8%少なかったが、価格は200円で前年同月比8%低下、平年比でも1%安かった。ミカンの卸売数量は国産全体の約6割、卸売価額は281億円で約4割を占めている。
 イチゴは数量1万1000t、価格1871円でいずれも前年同月比7%上がっていた。平年比では数量が4%少なく、価格は16%高かった。
 輸入果実の数量は4万tで前年同月比5%少なかった。

平成26年12月のミカン市場


(関連記事)

農産物価格指数103.5 野菜が前月比39%アップ(15.01.30)

年末年始の野菜価格、レタス高、ハクサイ安(2014.12.25)

レタス作付面積280ha減 夏秋野菜の需給予測(2014.12.22)

野菜「週1回以下」が1割以上 JC総研が調査(14.12.01)

機能性野菜が充実 タキイ種苗が新品種説明会(2014.11.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ