左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

旬を迎える岡山県産ぶどうをPR 岡山県農林水産部2017年8月23日

一覧へ

 岡山県農林水産部は8月22日、東京都港区の「とっとり・おかやま新橋館」において、「岡山県産ぶどうメディアセミナー・試食会」を開催した。

ぶどうの文化や品種特長を説明する山下裕氏 くだもの王国と称される岡山県は、少雨温暖な風土を活かし、生産量日本一を誇る数種類の優れたぶどう品種が栽培されている。その高品質ぶどうの収穫・出荷が間もなく最盛期を迎えることから、同県はメディアセミナーを開催し、県産ぶどうをPRした。


 当日は、大田市場駐在の岡山県農林水産部山下裕副参事が講師となり、ぶどうの文化史的背景を説明し、県産ぶどうである「瀬戸ジャイアンツ」、「ニューピオーネ」、「シャインマスカット」、「オーロラブラック」4品種の特長などを紹介した。

(写真)ぶどうの文化や品種特長を説明する山下裕氏


 「瀬戸ジャイアンツ」は大粒の緑ぶどうで、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」(以下アレキ)の孫にあたる。


岡山県産が全国生産量の70%を占める新食感の高級品種で、登録農家だけが使用できる「桃太郎ぶどう」の商標も話題となった。


 「オーロラブラック」は岡山県のみで生産されている希少の黒ぶどう。贈答向けの高級品種であり、岡山県の次世代を担うぶどうとして期待されている。


 人気の「シャインマスカット」は長野、山梨に次ぐ全国3位の生産量がある。病気に強い「アレキ」を目指して育成された。


 岡山の「ピオーネ」は大粒、種無し、高糖度のぶどうで、生産量日本一を誇る。また他県に先駆け開発した種無し品種をアピールするため「ニューピオーネ」と命名された。


 県では、岡山県産ぶどうをPRするため、都内で多彩なフェアを展開する。
○8月18日~31日
・「とっとり・おかやま新橋館 ももてなし家」で「岡山葡萄パフェ」を期間&数量限定で提供。


○9月16日~24日
・千疋屋総本店(日本橋)「岡山ぶどうフェア」


○9月16日~10月1日
・千疋屋(京橋本店・表参道原宿店・小田急新宿本館パーラー)「岡山ぶどうフェア」


○9月14日~30日
・新宿高野「岡山ぶどうフェア」


○9月6日~12日
・銀座三越地下2、3階ギンザフードガーデン「鳥取×岡山フェア」


○7月28日~9月30日
・日本橋三越、銀座三越、恵比寿三越、東京ミッドタウンの各店 サン・フルーツ「おかやまフルーツ・ギャラリー」。

(関連記事)

箱入り贈答用果物に「おすそわけ袋」 農研機構市民講座(16.11.18)

ジビエにあう長野の果物販売 ミノーレ(16.10.12)

シャインマスカット 10℃で香り維持 農研機構(15.12.01)

シャインマスカットのウェブページ開設 農研機構(15.09.17)

ニューピオーネなどの逸品集合! 岡山フェア(15.09.09)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る