野菜・果物 ニュース詳細

2018.12.05 
2018年、人気の花は?「フラワー・オブ・ザ・イヤーOTA」結果発表 大田花き一覧へ

 花き卸売国内最大手の(株)大田花きは、今年流通した花きの中から買い手に高く評価された品種・生産者を選出した。

 「フラワー・オブ・ザ・イヤーOTA」は、この1年で流通した全国の花きに輸入品を加えた約20万点におよぶ候補の中から厳選される。今年のトレンドは柔らかなラインと中小輪品種で、受賞品種にもその傾向が見られた。
 表彰式は12月7日に東京・大田区の(株)大田花きせり室で午前6時50分から行われる。
 各部門の受賞品種と受賞者は次の通り(敬称略)。

 

【最優秀賞】
スプレーカーネーション 「あられ」スプレーカーネーション 「あられ」
常陸野カーネーション組合(茨城県)
 オリジナル品種。黄色い花弁の縁にほんのりとオレンジ色が載っているのが特徴。1本の茎への花付きも良く、スプレーカーネーションの中では輪サイズも大きいことから汎用性が高く、広いシーンで重宝されている。

 

 

 

 

 

【優秀賞】
カラー 「サッポロ」カラー 「サッポロ」
JA北いしかり当別花卉生産組合(北海道)
 純白のままキープする点が高く評価された。出荷量をブライダルシーズンに増やし、市場のニーズに応えようという取り組みが今回の結果に結びついた。茎も長くて丈夫、小売り・冠婚葬祭問わず広く重宝されている。

 

 

 

【特別賞】
フリージア 「ユーロスタイル(仕立ての方法)」フリージア 「ユーロスタイル(仕立ての方法)」
髙成園 髙舘雅実(埼玉県)
 1本が60~70センチの草丈にもなり、枝分かれした複数の花茎があるのが特徴。ユーロスタイルは従来のフリージアの概念を変え、マーケットに風穴を開けた。また、茎がタテに伸びる草姿も今後のトレンドにマッチしていくものと思われ、将来の販売に期待が寄せられた。

 

 

【新商品奨励賞】
スイートピー 「ブルーフレグランス(R)」スイートピー 「ブルーフレグランス(R)」
JA宮崎中央(宮崎県)
 青系のスイートピーは新しく、マーケットに衝撃を与えた。花色は透明感があり、どんな色とも調和が取れる一方で、アクセントにもなる。幸せを呼ぶ青い花(something blue)の花材として、春の結婚式等に活躍しそうだ。甘いマスカットのような芳香も特徴的。

 

 

 

 

(関連記事)
「受託拒否の禁止」維持を-政府・与党で卸売市場法議論(17.11.09)
市場に群がる規制虫は駆除(17.11.08)
資材価格の引き下げ実践【JAひまわり参事・竹内康浩氏】(17.04.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ