Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2019年春の新商品・ヒマワリ各種詰め合わせ サカタのタネ2019年1月15日

一覧へ

 (株)サカタのタネは、少量の種を複数品種セットにした絵袋種子「アソートパック」シリーズに、ヒマワリをはじめ3種類の新商品を追加し、1月上旬から販売する。

アソートパック2019春サカタのタネ

 「アソートパック」は、何を育てればいいか分からないというガーデニングビギナーや、いろいろ育てたいが1袋づつ買うと種が多すぎるといった問題を解消する商品。
 「アソートパック ビンセントを愉しむ」(写真中)は、同社が開発した上向きに咲くヒマワリのビンセント(R)から、人気の色を複数色選んだ。希望小売価格は500円(税抜)。
 「アソートパック 盆花を自分で育てる」(写真右)は、アスター、小菊のセットで、供花としても活用できる。
 「アソートパック 夏の花壇を愉しむ」(写真左)はビンカとセンニチコウのセット。夏の暑さに比較的強く育てやすい草花の組み合わせだ。「盆花を自分で育てる」ともに希望小売価格300円(税抜)。

 

(関連記事)
「サンパティオ」シリーズ限定販売 サカタのタネ(18.12.11)
2019年春の新商品12点発売 サカタのタネ(18.12.03)
葉が肉厚なレタス「ブルラッシュ」発売 サカタのタネ(18.11.25)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る