Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

植物工場野菜「きらきらベジ」パッケージをリニューアル 日本山村硝子2021年1月7日

一覧へ

日本山村硝子(兵庫県尼崎市)は、武庫川女子大学(兵庫県西宮市)との産学連携により商品化された栄養機能食品きらきらベジ「サラダケール」と、機能性表示食品「ぎゅっとルテイン きらきらケール」のパッケージを一部変更し、1月から販売を始める。

きらきらベジ「サラダケール」(左)と、「ぎゅっとルテイン きらきらケール」の新パッケージきらきらベジ「サラダケール」(左)と、「ぎゅっとルテイン きらきらケール」の新パッケージ

同社はこれまで、完全閉鎖型植物工場として日本初の届出受理となった機能性表示食品「ぎゅっとルテイン きらきらケール」と、栄養機能食品「サラダケール」を商品化。新たなパッケージでは、その成分分析方法を確立するにあたりサポートを得た武庫川女子大学食物栄養科学部の髙橋研究室との共同開発であることを示すため、「武庫川女子大学との共同開発商品です」と表示したラベルを貼付する。

「ぎゅっとルテイン きらきらケール」は、完全閉鎖型植物工場では初の生鮮の機能性表示食品。目の調子が気になる人にはうれしい成分のルテインが含まれている。同研究室は「ルテインは、パソコンやスマートフォンで目を酷使する昨今、特に注目されている機能性成分の1つ。サラダケールには、一袋でビタミンCも30~90mg含む生鮮の栄養機能食品で、お肌や健康が気になる方におススメ。これらの商品の開発に携わることで、皆様の健康に貢献していきたい」と話している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る