人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

JA全農とっとりとコラボ「オフィスで野菜」鳥取県産スイカをサンプリング2023年9月8日

一覧へ

株式会社KOMPEITOが展開する置き型の社食サービス 「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)」は、全国の地方自治体や各地のJAと連携し、専用冷蔵庫を活用した「オフィスで地方特産フェア」を定期的に実施。その第27弾として、JA全農とっとりの協力で、鳥取県産スイカを食べやすくカットして、サンプリングを実施した。

JA全農とっとりとコラボ「オフィスで野菜」鳥取県産スイカをサンプリング

各地域のJAや全農は、コロナ禍で、これまで百貨店などの店頭で実施していた試食販売特産品や農産品の販売促進が制限され、消費者が実際に試食する機会を作りにくくなっている。そこで、同社は実食を伴うプロモーションを安心・安全にできる場所として、オフィスに冷蔵庫を設置するサービスを展開している。

今回は、鳥取県産のスイカを実食できる機会として、その場で簡単に食べられるようカットしたスイカをカップに入れ、オフィスに設置した冷蔵庫でサンプリングを実施。6月19日から東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の企業を中心に1500カップを配布した。

サンプリングの様子サンプリングの様子

大山山麓の豊かな土壌で育ち、大玉で甘みたっぷりの「鳥取スイカ」。鳥取県はスイカの生育期間にあたる4〜6月に晴れの日が多く、日照時間が長くなるため盛んな光合成によって甘いスイカができる。

今回の鳥取スイカを試食した人からは「みずみずしくて美味しかった」、「甘かった」というコメントが目立ち、「これまでスイカの産地を意識していなかったが、今回のサンプリングを機に鳥取県産を買ってみます」、「鳥取県産のスイカを店頭で見かけたら買います」という声もあった。

JA全農とっとりの担当者は「首都圏を中心にサンプリングし、アンケートの集計からもまだまだ、"すいかの産地"としての認知度に伸びしろがあることが分かった。サンプリングを機に購入頂ける様子も分かり、今後の取り組みの参考にしたい」とコメントしている。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る