人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

山形県で多発 規格外の双子果「双子さくらんぼ」を商品化 豊洲市場ドットコム2024年6月7日

一覧へ

食文化が運営するインターネット通販、豊洲市場ドットコム/うまいもんドットコムは6月、さくらんぼ産地で増加している「双子果」を全国の消費者のもとへ届けるため「双子さくらんぼ」として商品化した。

双子さくらんぼ双子さくらんぼ

さくらんぼの「双子果」は、実がふたつ、くっついて生育したもので、正規品として出荷できない規格外品。山形県は、「双子果」が多い原因として、2023年夏の猛暑で花芽の生育が異常に進み、めしべが2本になってしまった花が多かったと想定している。通常は摘果作業で間引かれるが、2024年はあまりにも多く作業が追い付かなかった。

「双子果」が多いと、正規品のさくらんぼの収穫量は減り、生産者の収入が減ってしまうことから、同社は双子果を「双子さくらんぼ」として取り扱うことを決めた。写真や紹介文で丁寧に説明ができるインターネット通販という特性を生かし、消費者に納得の上で、取り寄せてもらう取り組みとなる。

「双子さくらんぼ」は、栄養が分散され、さらに種がふたつあるため可食部は少なめだが、そのまま食べても美味しい山形さくらんぼ。着色が明るいものはさわやかな味で、ジャムやコンポートなどの加工におすすめ。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る